>Topics>近年人気の小規模葬儀〜家族葬の特徴とは?〜

小規模化が進んでいる葬儀

葬儀といえば、通夜告別式に親類以外の友人・知人、会社関係の人も駆けつける、というスタイルが一般的でした。しかし、近年はもっと規模を小さくした「家族葬」という小規模な形が増えてきています。

大規模葬儀と小規模葬儀それぞれのメリットとは?

大規模葬儀とは?

社葬や合同葬などを大規模葬儀といいます。会社の創業者、会社に貢献した人、事故など同じ時期に多数の人を亡くした場合、会社規模で葬儀を実施することを言います。その場合はあらかじめ家族葬などを行なっているケースがほとんどです。

小規模葬儀との違いは?

小規模葬儀とは家族葬や密葬など、身内の人だけで済ませる葬儀を指します。まずは家族で家族葬を執り行い、それから大規模葬儀をするケースが一般的です。

人気が高まりつつある家族葬

自分が死んだら葬儀はひっそりと家族だけに見送ってもらいたいという人が多く、家族葬は一般葬よりも需要が高まりつつあります。

家族葬を行うメリット5選

数珠

家族だけで心ゆくまで見送れる

家族だけで葬儀を行う事により、心ゆくまでゆっくりと個人とお別れができるメリットがあります。また生前から家族葬を希望する人も増えてきています。

参列者対応に追われない

一般的な葬儀では、友人や知人、会社の知り合いなど不特定多数の人が入れ替わり立ち代わり訪れるので、対応に追われてしまいます。家族葬ならば対応に追われる事はありません。

返礼の必要がないので負担がない

一般的な葬儀だと供物や香典などの返礼が必要となりますが、家族葬の場合はあらかじめ供物や香典を断っておくと後々負担がありません。

参列人数を把握しやすい

家族葬の場合必要最低限の人数のみの参加となるので参列人数を把握しやすくなります。家族のみですので気兼ねも不要です。

高齢な喪主に負担をかけない

故人が高齢者の場合、喪主も高齢者というケースもあります。家族葬で身内だけの葬儀にすれば、高齢な喪主にも負担をかけずに故人を見送れます。

近年人気の小規模葬儀〜家族葬の特徴とは?〜

提灯

家族葬の準備方法

家族葬にすると決めたら、まずは家族葬に長けた葬儀社を選び参列人数をピックアップしてください。はがきだけでも案内を出す場合は香典、供物は辞退する旨や家族のみで送るということを必ず記してください。

男性

家族葬の費用目安

家族葬の費用目安は50万円前後〜150万円前後になります。斎場やセレモニーホールなどの場所代もかかりますが、精進落としなどの飲食代も含まれます。葬儀社とよく相談し、どの程度の予算でやるかをしっかり相談してください。